ペット火葬にはどんなルールがあるのか?ペット火葬のお役立ち情報を紹介

このサイトではペット火葬にはどのようなルールがあるのか紹介していきますし、役立つ情報などについても丁寧に説明していくので活用できるはずです。
実際に参加するときは落ち着いた色の靴を選ぶのがおすすめなのですが、なぜそのようなことになるのかも説明していきます。
利用するときの予約はメッセージアプリやメールなどでも可能になっているので、その部分についても解説していきますから、予約をするときに役立つかもしれないです。

ペット火葬にはどんなルールがあるのか?ペット火葬のお役立ち情報を紹介

ペット火葬のお役立ち情報を知りたいと考えている人も少なくないはずですが、基本的にルールについて最初に理解しておくのが大切なポイントになってくるはずです。
人間の葬儀と近い部分もありますから、その点のルールを理解しているのであれば、マナー違反などになってしまう可能性は低いと考えられます。
一般的にペット火葬の場合は人間の葬儀よりもラフな格好で参加できるケースがありますが、ある程度は黒に近い色を選んだほうが安心できるはずです。

ペット火葬にゲストを呼ぶのは普通のこと?

人間の葬儀では基本的に故人が生前に関わってきた人が参加することになりますが、どのような交流があったのかによって実際に参加する人数にも違いがあります。
また遺族が葬儀のスタイルを自由に選ぶことができますから、小規模な葬儀にするような場合は少ない人数しか参加できないことも珍しいことではないです。
ペット火葬の場合はゲストを呼ぶのか気になるかもしれませんか、基本的に生前にペットに関わった人が参加することはあるかもしれません。
普通は飼い主と家族などが参加することになりますが、例えば近所の人で可愛がってくれていたような場合はゲストとして呼ぶことも可能です。
ペットの場合は公園などで友達が存在するようなこともありますから、そのような人物を呼ぶようなこともできるかもしれません。
ペット火葬のサービスによっては立ち会える人数に制限などが用意されていることもありますから、その点もしっかりと考えていかないといけないです。

ペット火葬の料金相場はどれくらい?

人と同じように供養をすることができるペット火葬ですが、費用は一律ではなく、ペットの大きさや葬儀の規模、そしてその方法によって異なります。
ペット火葬には合同と個別、立会と訪問、そして自治体によるものがあり、最も料金を抑えることができるのが自治体による火葬です。
無料で受け付けている所もありますが、自治体ではペットは法律上物として扱われるため、お見送りはもちろんのことお骨拾いや納骨は行うことができません。
ペット火葬の料金相場を猫や超小型犬で比べた場合、合同だと1.6万円個別は2.1万円となり、立会だと2.7万、訪問は2.2万円となります。
最も高いのが立会になりますが、立会は葬儀会場でしっかりと見送ることができ、出棺から火葬、お骨拾いと納骨すべてに参加することができ、よりペットを供養することができます。
合同も利用しやすい料金ですが、他のペットと一緒に火葬されるため、個別にお骨を取り出すことができません。
経済的な事情で個別に火葬ができない場合に適している方法です。

ペット火葬で可能な追加オプションとは?

年々増加傾向にある、ペット火葬。
「家族の一員」として扱われていたペットに対して手厚く葬ってあげたいと思うのことは、ごく自然なことです。
ペット火葬業者は、そのような飼い主の気持ちにこたえるため、追加オプションを用意しています。
最も多いオプションは、「分骨カプセル」です。
カプセルや管にペットの遺骨を入れて、いつでも一緒にいられるよう持ち運びが出来るものとなっています。
ペット火葬前の棺を可愛いお花で満たすことも、追加オプションで申し込むことが出来るのです。
ペット火葬業者が用意しているオプションは、まだたくさんあります。
骨入れとして使える写真フレームや、愛らしい動物サイズの骨壺、遺体を収容するためのお布団セットなどは、非常に人気です。
他にも中型犬の好むバスケット型の棺や、家庭用サイズのペット仏壇まであります。
まだ悲しみが新しく、そばにいてほしいという気持ちが強い飼い主にとっては、嬉しいアイテムであると言えます。

ペット火葬にリモートで参加する時の注意点

日本は一大ペットブームが巻き起こっています。
特にコロナ禍で人と人との触れ合いが少なくなったり、ステイホームでおうち時間が長くなって暇を持て余す人が多くなりました。
そこで犬や猫などを初めて飼うことに抗戦する家庭も増えたのです。
それに伴いペット火葬や埋葬も件数が年々億なっています。
ペット火葬では、飼い主だけがも主として参列するのではなく、犬や猫のお友達の飼い主さんや親戚一同が参列するなど、人間さながらの葬式になってるんです。
コロナでなければこうした人々が実際に斎場に行って立ち会うのですが、密になることを懸念しリモートで参列することも珍しくなくなりました。
ペット火葬に参加する際には、やはり実際の葬儀と同様、喪服にきちんと正装し、数珠などもきちんと持って弔いの気持ちをもって参加することが大事なのです。
香典などは、実際に持参できないので後日現金書留などで喪主に郵送すると良いでしょう。
香典を辞退している場合には、弔電や供花を送るようにすると良いです。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬のルール

このサイトではペット火葬にはどのようなルールがあるのか紹介していきますし、役立つ情報などについても丁寧に説明していくので活用できるはずです。
実際に参加するときは落ち着いた色の靴を選ぶのがおすすめなのですが、なぜそのようなことになるのかも説明していきます。
利用するときの予約はメッセージアプリやメールなどでも可能になっているので、その部分についても解説していきますから、予約をするときに役立つかもしれないです。

Search